読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As far as i know...

私が知る限りでは。

basic photoshop

ツール 制作

Photoshopを復習。

・ガイドとグリッド ・ヒストリーを別のファイルとして開く ・レベル補正☆ヒストグラムの見方  シャドウ(0)← 中間色 → ハイライト(255)明るさの分布表  … 画像が明るい、暗い、シャープ、ソフト(メリハリがない)  0〜ロングテール的なシャドウorハイライトを寄せる  ※自動補正(明るさ・コントラスト等)でヒストグラムに穴があくと、その色が消えているのでよくない。   (必ずしもNGではないが) ・トーンカーブヒストグラムを見ながら明るさを調整。  S字→シャープに 逆S字→ソフトに

[画像の一部の色調整] ・覆い焼きツール(明るく) ・焼き込みツール(暗く) ・スポンジツール(彩度変更)

 ?"クリッピングが最小化される"のクリッピングとは?

・階調の反転…エッジマスクを作成する際に使える。

・フィルター(色温度変換フィルター)  LBA…晴れの日の日陰で撮った場合の青みがかりを取る LBB…明け方や夕方撮影で赤みがかった写真を補正。白熱灯の下で撮った写真にも効果的

☆選択範囲について 選ぶか、選ばないかだけでなく、 対象のピクセルの256段階で選択できる。→高度な合成が可能に。 また、グレースケールを使って選択出来る。

☆アルファチャンネルを理解する チャンネルは、「様々な情報を保存したグレースケール画像」。 色情報は、256色のグレースケールで管理されている。 カラーチャンネル(RGB/CMYK)と合成チャンネルはあらかじめ設定されてる。 「アルファチャンネル」は、選択範囲を保存するための特別なチャンネル。 100%選択されていると白、選択されていないと黒。

・レイヤーのリンクとグループ化 ・塗りつぶしレイヤー 後で編集可能 ・スマートオブジェクト…置き換え、編集すると他も変更になる。