As far as i know...

私が知る限りでは。

B to B communications 4月号-2015

■BtoBサイトマーケティング効果向上に向けて BtoB企業のWebサイト ・マーケティングコミュニケーション ・コーポレートブランディング [日本ブランド戦略研究所による総合ランキング] http://japanbrand.jp/corporate/release/20150618.html - 情報収集のため→営業支援、どれだけ営業に貢献したか。「サイト関与率」等が目安になる。 - ニーズ充足度と購入検討率に極めて高い正の相関関係がある http://japanbrand.jp/column/bb-column/bbc2012/part1.html - 資料請求や問い合わせをKPIにして、必要な情報を載せず問い合わせさせるのは今のやり方に合わない -BtoBサイトは販売チャネルではない。

1「サイト利用率」(購入者に占めるサイト利用者の割合。購入時点でのwebの活用度、売り上げ検討に有益なサイトか) 2「サイト関与率」(購入検討に対してBtoBサイトが情報面でどれだけ有益であったか) ※上記1と2を合わせて「サイト効果」(1と2を掛け合わせた数字) http://japanbrand.jp/column/bb-column/bbc2011/part1.html BtoBはBtoCの3倍程これが高い。 ※BtoBサイトの分野で、FA(制御機器等)業界が最も進んでいる。続いて電子部品・材料、サーバーストレージ、建材・住設機器、設備、エネルギーソリューションが続く。

[BtoBサイトの利用目的] http://japanbrand.jp/column/bb-column/bbc2014/part2.html

■Drop a Line → Do me afavor →Thank you ・preparedness(準備態勢) ・reciprocity(互恵)

■「マーケティング」は万能ではない。(ドラッカーがなくそうとしていた)「セリング」の強化を 特にBtoBでは、人と人の販売、組織人と相手企業の組織人との信頼関係が受注に大きく貢献する。 営業部のサポートとして、またメーカーであれば開発部の中にマーケティング部門を置くのもありかも。 (営業部・宣伝部の上ではなく)