読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As far as i know...

私が知る限りでは。

B to B communications 1月号-2015

■用語 「VUCA」: Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity 「Look and Feel」:GUIにおける色・形状・レイアウト・書体などのデザイン側面(Look)と           ボタン・ボックス・メニュー等の動的振る舞い(feel)からなる 「EMEA」:Europe,the Middle East and Africa 「EIA」:Enterprise Information Architecture 企業相対としての動線設計、サイト構築方針を、「全体」(トップダウン)と「個別」(ボトムアップ)に分けて考えるアプローチ。社内ステークホルダー、企業、エンドユーザーのそれぞれに効果があるとされる。 「世界3大広告賞」:カンヌ国際広告賞(カンヌ・ライオンズ?)・クリオ賞・ ワンショー

■FUJITUの広告戦略

■企業のグローバルWebカバナンス by コンセント http://www.concentinc.jp/ 20150113144138 海外への自社のブランド訴求にはWebが有効。「ブランディング」「マーケティング」「サポート」において価値あり。 ・そのまま英語にしてもグローバルサイトではない ・グローバルサイトの役割 誘導・訴求・補完の3つをどのバランスで構成するか?であり方は違ってくる

1,ブランディング Webのイメージ=企業のイメージになる。コミュニケーションツールとして非常に重要。 期待されるイメージを保つ、イメージを統一することが大事 2,マーケティング すぐに対応できるので、資料請求やデモの依頼などのデータ収集や分析→商談が可能 3,サポート 逆にきちんと対応できないと機会損失に。

ガイドラインは必要(読んでもらえないとかいうレベルではない) 英語・中国語は必須、それ以外はターゲットに合わせて検討

■英語コミュニケーション by 石川英夫 「with 英語」ライフ mores...習わし。"異文化理解は知的激務→お互い努力して理解・受容し忍耐して親和を図るべし" reciprocity...互恵 "相互に謙虚に異文化を理解し寛容に接し相互のプラス要因を探索すること" "話材・話題を豊富に準備して相手をよく観察・理解して対話や交信を楽しむことが重要。相手も同じ状況であることを認識するべし" Please Let Me的なへりくだった態度で教えを求める。Let me tell you は傲慢。

■広告相談 - アドバイス by カットスクリエイティブラボ 専門家がいない宣伝部(100億円未満)、2名で広告代理店をどう使うか? カタログ制作(印刷会社)/広告(新聞)/展示会(2小間)の装飾手配 [スタンス] 1)宣伝業務を通常業務ととらえ、つつがなく行う体制。 2)宣伝業務を企業や社会や顧客とのコミュニケーションの重要な役割と捉えて、クリエイティブに達成感もたらす体制。 2の体制を取る余裕が無い場合、1の認識で代理店に丸投げが多い。

☆1のスタンスで丸投げの場合 メリット:適当にオリエンテーションすればそこそこのものはできる。 大手の場合、社内マーケットリサーチ部隊の資料やデータを入手できる デメリット:コストはかなり高い(データ入手にはさらにプラスされる) すごいデメリット:社内にノウハウが蓄積されない →2のスタンスで取り組むのがオススメ。 社会や顧客に対して企業の最前線でメッセージしていける、 魅力と使命のあるポジション。 ☆オススメは、代理店を通さず直接クリエイターと取引する 自社を熟知し、そのメッセージを共有してくれるクリエイターと仕事すべし (一流がいいとはかぎらず、ともに成長しようとする姿勢があるか) ※カタログについては、営業が製品の売り込みをするところを録音して 商談内容を再編集するなど、営業を巻き込むのがおすすめ。